電子書籍ストアをキャンペーン、品揃えなどで比較!

専用端末は必要?電子書籍を閲覧する方法まとめ。

電子書籍を読むためには、必ず電子端末機器が必要です。

基本パソコン、スマートフォン、タブレットのいづれかを持っていればそこから閲覧できるので、いつも自分が使っている端末をそのまま使うことができます。

そちら以外にも、電子書籍を読むための専用機である「電子書籍リーダー」もあります。これは、電子書籍での読書に特化した端末で、タブレットと違って、メール・音楽・ゲームなどができる多様な機能を備えていません。しかし、タブレットよりも安価で手に入れることができて、通常のディスプレイより紙のような読み心地で読むことができます。

電子書籍リーダーにもそれぞれ種類がありますが、注意点は、専用リーダーに対応した電子データ(電子書籍)でないと、読むことができないということです。なので、電子書籍ストアの対応端末をちゃんとチェックしてから購入しましょう。

主な電子書籍リーダー

Amazon Kindle

アマゾンが販売している電子ブックリーダーです。読み心地が紙の印刷物に近くなっています。安価なモデルだけでなく、「Amazon Kindle Paperwhite」、「Kindle Voyage」、「Kindle Oasis」などさまざまな機能が付いた電子書籍リーダーも発売しています。

楽天 kobo Touch

楽天が発売した電子ブックリーダー。薄くて軽いデザインで人気があります。バッテリーの持ちも良く、使いやすい端末に年々進化しています。Micro SD対応なので、容量が足りなくなったら増やすことができ、読みたい書籍がいっぱいあっても問題ありません。

BookLive Lideo

BookLive!電子書籍専用の端末です。BookLive!を使う限り通信料が無料です。無料の会員登録を行えば、スマホやタブレットなどの別の端末で購入した本や、所持ポイント、しおり・マーカーなどの情報も一つのIDで管理することができます。